名古屋で有機栽培による高糖度トマト

miuトマト 飯田農園



【安心と安全の有機栽培】でできた本当の美味しさ

 

miuトマト

 

 水を与えずにストレスをかけることで甘くなると言います

 一株ごとに水分量の調節をするので、甘みをより強く引き出す事ができます。

 

 栄養分として、カツオと昆布が主体の米ぬか肥料を与えています。

 海の幸を肥料にすることから、

 海(うみ)を逆さにして

 『miu(みう)トマト』と名付けました

 

高い糖度でフルーツ並みの甘さ

さくらんぼ並みの糖度で大人から子供まで大人気!

 

海の幸の肥料が育む旨味

海の幸カツオと昆布主体の肥料を使用

甘みだけでなく、後味に旨味が残るトマトに仕上がっています

 

美味しさ重視の限定生産

生産量を犠牲にしてでも美味しさを優先しました

 

完熟のみを収穫し出荷

樹で完熟したものだけを厳選し収穫!

だから美味しさが本物です

 

お酒のおつまみにも最適

お酒、特に白ワインに合います

ソムリエの方もお勧め

ワインバーでも華やかな美味しさを演出しています

 

【袋培地栽培】

 

大型のビニール袋に有機肥料を混ぜた土を入れて、苗を植える、「袋培地栽培」と呼ばれる農法でトマトを育てています。

 

露地栽培とは違い、土壌病害の影響を受けにくいのがメリットです。

また、根域制限といいまして、成長して、伸びた根が、袋から出たくても出られないというストレスを与えるのです。

 

その根域制限のストレスで、次世代に栄養を残そうとして、実の方に栄養がしっかり届くようになり、より甘いトマトになるのです。

ストレスを与えるために、ある程度の大きさで、木に水を与えないようにしたりもします。